自分の家や町を作る住宅ローンを解説

なぜいま住宅購入のチャンスと言われているのか

住宅ローンがかなり魅力的になっています

エコ住宅の町並み現在はマイホームを購入するにはとても良い時期です。
なぜならば、金融機関の貸出金利が低下しています。
住宅ローンは変動金利だと1%を切っていることが当たり前になってきました。

金利が低いいまが住宅購入のチャンス

マイホームを購入する際に、物件の販売価格ばかりを見がちになりますが、住宅ローンを組んで購入した場合には、販売価格だけでなく、金利負担分を含んだ総支払額に注目をしなければなりません。
仮に、住宅購入資金として3000万円として30年間借りていた場合、金利が1%変わってくれば、約560万円変わってきます。
不動産価格が上昇してきているとはいえ、金利低下によるコスト負担の減少で、不動産価格上昇分は相殺してもあまりある状況です。

税制サポートも充実しています

さらに、今は住宅取得のための税制も充実しています。
一定の条件のもと、住宅取得資金を借り入れた場合、年末の借入残高に対して1%の税金還付があります。
もちろん、源泉徴収されている税金があることが前提ですが、サラリーマンが3000万円の借入をしていれば、30万円の税金が年末調整で戻ってきます。
この税金還付は借入をした年から10年続きます。
つまり、10年間は金利1%分が軽減されているようなものなのです。

参照:住宅ローン大全集「初めてのマイホーム」 おすすめの住宅ローンをお得に比較

両親などのスポンサーからの援助も有利です

また、贈与税でも税制優遇があります。
住宅取得資金のための贈与は一定額まで非課税となっています。
平成27年12月までは良質な住宅家屋であれば1500万円、それ以外であれば1000万円となっています。
平成28年1月から平成29年9月まではそれぞれ1200万円と300万円に代わります。
親から子供に資金を移動させようとしているのであれば、子供の住宅取得の時期に合わせましょう。
この住宅取得資金贈与は暦年贈与の110万円とは別枠で設定されています。
税制と住宅ローンを上手に利用すれば、かなり手頃にマイホームを所有することができます。
いまがなぜ住宅購入のチャンスと言われているのか、おわかりでしょうか?
数十年に一度のチャンスを逃さないようにして下さい。

新しい住宅ローン記事